図書館員に聞く

紹介者 幽玄
蔵書検索
書名 「藪の中」の死体
著者名 上野正彦
分野 法医学
紹介文 元監察医が解き明かす「推理小説」・「未解決殺人事件」の犯人像

TVドラマの世界の監察医のように、法医学の視点で死体を分析し、犯人を捜しだすことができたなら、推理小説を読むとき、新たな楽しみが生まれるのではないだろうか?
 例えば、メッタ刺しにされた死体と聞くと、私たちは、残忍な犯人像を思い描く。
しかし、法医学的には、こういった犯罪は、力の弱い女性等に多く見られるそうである。なぜならば、力の弱い者は、被害者の報復を恐れ、相手が絶命していても何度もとどめを刺してしまうからである。
 この他にも、この本では、「絞殺体」と「首吊り自殺体」、「溺死体」と「死後に水中に遺棄された死体」の違い等が、実際の事件や推理小説等に沿って解説されている。
 著者は、この本の中で法医学の視点で芥川龍之介作『藪の中』の真犯人に挑戦している。最後まで犯人が語られないこの小説。著者が導き出した真犯人とは?そして真相はいかに!?
 法医学を知ると、推理小説の真犯人について、「法医学的に、この犯人はありえない」などと言い出す人がいるかもしれない。しかし、それでは小説を読んでもちっともおもしろくない。
 著者は、以前『酒鬼薔薇事件』において、法医学の視点から、犯人像を「30代前半男性」と推理した。しかし、実際の犯人は、ご存知のように「14歳の少年」であったという経験をしている。
 このように、現実の世界でも、小説の世界でも、人間は理論では説明できない行動をとることがある。
そう、推理小説は、法医学を知ってもなお、おもしろいということである。



戻る
北星学園大学図書館
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2丁目3-1
Tell:011-891-2731(代表) / Tell:011-891-2664(直通)
Fax:011-891-9527 / E-mail:toshokan@hokusei.ac.jp

北星学園大学図書館

リダイレクト

本サイトは移転しました。5秒後にジャンプします。
ジャンプしない場合は、以下のURLをクリックしてください。

https://opac.hokusei.ac.jp/library/

このサイトについて | プライバシーポリシー | お問い合わせ